オリーブオイルを上手に摂って便秘を退治! これであなたも健康美人!!

この記事は2分で読めます

ori-buoil1

 

みなさん、毎日おいしく食事を摂っていますか。

何でも好き嫌いなく食べることができるのは、

間違いなく健康だという証拠です。

 

 

少なくとも、胃腸についてはとくに問題はないと思います。

 

 

 

ですが一方で、

しつこい便秘をわずらっていることによって、

おいしく食事を摂れないでいる人もいるのではないでしょうか。

 

 

わたしも経験ありますが、

便秘のために大好きなものが食べられないのは、

ほんとうにつらいものです。

 

 

何とかして、いやな便秘を解消しようと思い、

いろいろな方法をためしてみても、

なかなかうまくいかないことが多かったかもしれません。

 

 

ですが、ご安心ください。

 

 

とくにつらい運動をしたり、薬を服用することなく、

おいしく食事を摂りながら無理なく便秘を解消できる方法があります。

 

 

これより、そのとっておきの方法を紹介していきますので、

どうかこれからの便秘解消に役立ててください。

 

 

おいしく便秘を解消する切り札

 

ori-buoil2

 

これより紹介していく便秘解消法とは、けっしてむずかしい、特別なものでは

ありません。

 

それはズバリ、オリーブオイルを摂ることです。

 

「そんなこと、いままで聞いたことがないわ。」、「オリーブオイルって、えっ油が

便秘に効くの?」という人もいるかもしれませんが、料理に使うオリーブオイル

には、じつは便秘に対して非常に高い効果があるんです。

 

 

 

なぜオリーブオイルが便秘解消に有効なのか

ori-buoil3 

 

オリーブオイルが便秘に効く理由は何といっても、そのなかに含まれている

オレイン酸のはたらきによるものです。

 

このオレイン酸は腸の動きを活発にしてくれます。

 

さらに腸のなかに溜まっている便に混ざり、かたくなっている便をやわらかく

しますので、便の排出がうながされます。

 

しかも、腸内部の環境を良好にととのえてくれます。

 

ですから、まるで自動車における潤滑油のように、腸内部の便の通りをスムーズに

してくれるのです。

 

 

 

効果的なオリーブオイルの摂りかた

ori-buoil4

じっさいのオリーブオイルの摂りかたについてですが、

まずは朝食のときに大さじ1杯くらいを目安に

摂るようにしてください。

 

もちろんそのまま飲んでいただいてもいいですし、

そのまま飲むことに抵抗のある人は

野菜サラダにかけるなどして摂ってもかまいません。

 

とくに、朝オリーブオイルを摂ることによって、

そのなかに含まれるオレイン酸が効果的に便を流し、

腸内環境をグッとアップさせてくれます。

 

 

また、オリーブオイル自体は高カロリーなので、

摂るときはご自身でカロリーコントロールをしていただく必要があります。

 

ですから、牛乳、たまご、ほうれん草、トマトといった

脂溶性ビタミンをたくさん含むものといっしょに摂るのがよいでしょう。

 

 

さらに、ねぎ、ごぼう、大根、かぼちゃといった、

からだをあたためてくれる食材といっしょに摂ることで

体内の代謝がアップし、腸のはたらきがよくなります。

 

 

まとめ

ori-buoil5

 

以上、オリーブオイルによる便秘解消法を紹介してきました。

 

 

オリーブオイルが、これほどまでに便秘に対する効果を

もっていることについては、

正直わたしもおどろきました。

 

オリーブオイルといえば、

たしかに自然の調味料というイメージがありますが、

じっさいこのように便秘を解消するすばらしい力をもっていたのです。

 

 

もし、しつこい便秘をわずらってしまうと、

おいしく食事をとることができなくなってしまいます。

 

 

それまで間違いなく、おいしく食べてきたものが、

こともあろうに、おなかのなかに溜まってしまい、

それによって、食べるよろこびをうばわれてしまったのでは非常に残念です。

 

 

ですから、1日もはやくいやな便秘を解消して、

また何でもおいしく食べることができるように、

どうかオリーブオイルを上手に摂って、

すてきな毎日をすごしてほしいと思います。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. hukutuu1
  2. gepi1
  3. ko-hi-1
  4. barium1
  5. zutuu1
  6. mekanizumu1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。