便秘とうつの意外と知られていない関係!! それは驚愕の事実だった!!

この記事は3分で読めます

utu1

 

みなさんは、季節の変わり目に体調がすぐれなかった

という経験はありませんか。

 

 

何とも言えず、からだがだるかったり、集中力が出なかったり

したことはなかったでしょうか。

 

 

そのような症状のために、

何をするにも気持ちが乗っていかないような、

もどかしさを感じてしまった人もいるかもしれません。

 

 

ですが、もしそのなかで、

便秘に悩まされている人がいるとしたら、

気をつけてほしいことがあります。

 

 

一般にはそれほど知られていませんが、

じつは腸と自律神経というのは、

互いに深い関係をもっています。

 

 

じっさいにうつの人は、胃の痛みや胸やけ、

あるいは食欲不振などの体調不良を訴える場合が多いうえに、

便秘に悩まされていることもかなり多くなっています。

 

 

ですから、いま便秘に悩まされている人は

その原因をしっかりと突き止める必要が出てきます。

 

 

便秘とうつの関係とその改善法について紹介していきます。

 

 

 

便秘とうつの関係

utu2

 

からだのなかで消化と吸収を担う、

胃と腸は外部からのストレスに対して、

とても弱いんです。

 

 

強いストレスによって腸の筋肉が収縮してしまい、

便を排出するための動きがスムーズにできなくなることによって、

便秘が起きます。

 

 

流れにくくなった便が腸の内部にたまることによって、

そこから発生したガスが、かたくなった便にじゃまされてしまい、

からだの外へ出ることができなくなり、そのまま腸のなかに残ってしまいます。

 

 

そのためにガスがたまって腸がふくれてしまうので、

おなかが張ったり、痛くなったりします。

 

 

さらに、便秘によって腸がふくらむことによって、

胃を圧迫してしまうので、胃が食べものをうまく消化できなくなり、

胸やけや食欲不振といった症状を引き起こします。

 

 

それによって食事の量が減り、

便を出すのに必要な栄養が足りなくなってしまうので、

いちだんと便秘が悪化するといったジレンマに

陥る可能性が大きくなります。

 

 

うつの人のおなかの状態

utu3

 

うつのような心の病をわずらっている人の多くは、

便秘の傾向にあると言われています。

 

 

うつの人の特徴としては、

食事をきちんと摂っていないケースが多いので、

腸の内部が汚れてしまっていて、

まく便が流れないようになります。

 

 

そして何と言ってもうつをわずらうと、

からだを動かす元気がなくなってしまいますから、

どうしても運動不足になり、さらに腸の動きが悪くしてしまい、

便秘になってしまいます。

 

 

じっさいに便秘になることで、

薬を吸収する力も弱くなってしまいますので、

投薬の効果もなくなってしまいます。

 

 

そのうちにどんどん食欲もなくなっていき、

食事の量も減っていく一方になり、

ますます元気がなくなっていってしまいます。

 

 

こんな感じで、便秘になることによってうつの症状が

ひどくなる可能性が非常に高くなりますから、

うつの人はできるかぎり腸をいたわるようにすることが大切です。

 

 

便秘とうつの改善法

utu4

 

便秘をわずらっている人のなかには、

漢方薬を服用している人がいるかもしれませんが、

それを服用した後にだけ便が出るというのでは、

ほんとうに便秘が改善したと言うことはできません。

 

 

ですからしっかりと便秘を改善するためには、

にぶってしまった腸の動きを活性化するのがいちばんですが、

そのためには腸内環境をよくしてくれる乳酸菌を摂ることが望ましいでしょう。

 

 

乳酸菌は腸の内部で善玉菌を増やすとともに、

腸が神経伝達物質のセロトニンを大量につくり出せるようにサポートして、

うつの症状をやわらげてくれるんです。

 

 

その上で、普段の食習慣を見直すとともに、

水分をしっかり取ったり、定期的に運動するように心がけるなどして、

トータルで便秘の症状を改善していってください。

 

 

便秘を着実に改善することは、

うつの改善に大きな効果があります。

 

 

まとめ

utu5

以上、便秘とうつの関係とその改善法について紹介してきました。

 

 

おそらくみなさんのなかには、

便秘とうつの間にそのような密接な関係があることを

はじめて知ったという人もいるのではないでしょうか。

 

 

わたしもその事実を知ったときには、おどろきました。

 

 

たしかに便秘というのは腸のトラブルとしては、

とても多い症状ですので、いま便秘をわずらっている人にとっては、

けっして他人事ではすまない部分があります。

 

 

ですが、「病は気から」という言葉どおりがあるように、

日ごろのストレスを上手に解消するための趣味をもつなどして、

できるかぎり明るく元気にすごしていただきたいと思います。

 

 

そうすることで気持ちがいきいきとして、

その結果便秘の改善にもつながっていくことでしょう。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. choko1
  2. ori-buoil1
  3. gepi1
  4. suibun1
  5. barium1
  6. unndou1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。