胃が痛いあなたはもしや便秘では? つらい症状を改善する方法を紹介!

この記事は3分で読めます

igaitai1

 

 

あなたは急に胃が痛くなったことはありませんか。

 

 

それでも、

「最近仕事が忙しくて、ストレスが胃に来ちゃったのかな?」

と感じる人もいると思いますが、

じつはその胃の痛みは便秘が原因で起きている可能性があるんです。

 

 

「でも、便秘と胃の痛みって、そんなに関係がないような気がするんだけど。」と

考える人もいることでしょう。

 

 

しかし、便秘と胃の痛みには非常に深い関係があります。

 

 

「まあ、いつも便秘だから・・・」と

見すごしてしまうこともあるかもしれませんが、

 

場合によっては、

すでに重い病気にかかっている可能性も否定できません。

 

 

これより、便秘による胃の痛みについて紹介したいと思いますので、

上記のような症状のある人はどうかご一読ください。

 

 

便秘によって胃が痛くなる理由

igaitai2

 

 

便秘によって、腸の内部で便が流れにくい状態になると、

胃から腸に消化物をスムーズに送り届けることが

できなくなります。

 

 

そのために、

流れにくくなった消化物が長時間胃の中にとどまってしまい、

胃を圧迫することになります。

 

 

そして結果として、胃の痛みが起こるということになります。

 

 

その他便秘と胃痛を併発させる原因

igaitai3

 

 

その他に便秘と胃の痛みを感じる原因として考えられるのは、

食道炎や消化器系の潰瘍、がんのような疾患です。

 

 

そういった疾患によって、

胃腸にはげしいダメージを受けている場合には、

便秘と胃の痛みが同時に起こる確率が高くなります。

 

 

そのような症状があるときには、

病状がすでに重い段階になってしまっているおそれがありますから、

もしいままでに経験したことのないようなはげしい胃の痛みにおそわれたら、

早目に病院で診察を受けるようにしてください。

 

 

一般に便秘と胃の痛みを併発する病気や疾患としてはつぎのようなものがあります。

 

・潰瘍性大腸炎

 

・腸閉塞

 

・腹膜炎

 

・大腸がん

 

・機能性消化管障害(FGID)

 

 

また胃の痛みや胸やけのように、

おなかの上の方に不快な症状を感じていても、

とくに重大な異常が見られないときは、

 

ほとんどの場合、

慢性胃炎か神経性胃炎という診断結果が伝えられると思います。

 

 

慢性胃炎や神経性胃炎というのは、

便秘や下痢などのお通じのトラブルや、からだの疲労、倦怠感、

頭痛などの症状を伴う場合もありますので、

こちらも注意が必要になります。

 

 

便秘による胃痛の改善方法

igaitai4

 

上記のような症状のある人は、

とにかく根本からきちんと治療していくようにしてください。

 

 

下手をしたら、いのちを脅かされるおそれもありますので、

正しい治療法を心がけましょう。

 

 

これより、普段の生活で行ってほしい改善法を紹介していきます。

 

 

もし慢性胃炎や神経性胃炎などによって、

便秘と胃の痛みが起きているときは、

それらのうち片方だけを完治させたとしても、

けっして安心しないでください。

 

 

やはり、原因をすべて解消しないことには、

ほんとうの意味で治癒することはできません。

 

 

まずは日常生活を規則正しいものにすることを最優先に、

からだと心にかかるストレスを少なくしていくことが大切です。

 

 

とくに食習慣は気をつけるようにしてほしいと思います。

 

 

できるかぎり消化がよく、あまり胃に負担をかけないものや、

腸内環境をよくしてくれるものを摂るように心がけてください。

 

 

刺激のあるものや冷たすぎるもの、

あるいは油がきついものはとくに注意してください。

 

 

そして食べすぎと飲みすぎについても、

十分気をつけましょう。

 

 

また、アルコールの摂取量が多い人や長くたばこを吸いつづけている人は、

一般に便秘や胃の痛みを引き起こしやすくなりますので、

できるかぎり控えるようにしてください。

 

 

まとめ

igaitai5

 

もし便秘と胃の痛みが同じタイミングで起こってしまったら、

そのつらさはたとえその症状に縁がない人でも、

その痛みの度合いが思い浮かぶのではないかと思います。

 

 

なんと言っても、胃が痛くなることによって食欲がなくなり、

体力が落ちてしまっては、

ほんとうに耐えがたい苦しみを味わうことになってしまいます。

 

 

ですから、これまでに紹介した症状に少しでも心あたりがある人は、

上の改善方法を参考にしていただいて、

どうか1日もはやくすこやかな毎日をすごせるように

してほしいと思います。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. utu1
  2. barium1
  3. ori-buoil1
  4. suibun1
  5. netu1
  6. danjiki1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。